詞を書く上で気にすることとは

こんにちは、hanghuiです。日本各地で梅雨明けが発表されて、いよいよ夏本番となりましたね。私は扇風機がないと夜も眠れません。皆様も熱中症にはくれぐれもお気を付けくださいね。


さて、先日私hanghuiのtwitterでブログの内容について、アンケートを取ったのですが、その時に最も票が集まった「作詞」について今回は書いていこうと思います。


まず、私が作詞をする上で最初に注意するのは、ずばり「語感」です。より深めていうと韻とかですね。私は文系ということもあるのか、言葉遊びがとても好きでした(例えば回文とかですね)。そのためもあってか韻を踏むのがすごい好きになり、ちょくちょく曲の中にも混ぜたりしてます。あと最近やってみたいなと思っているのは横文字で韻を踏むことですかね。


あと、私は詞を書くにあたって、誤ったニュアンスで通じてしまうことを恐れて毎回辞書を使うようにしています。「あれ、こんな言葉あったよな…」と思ったら辞書を使って意味を確認、みたいなことをひたすら繰り返しています。意外とこれって大事なことでボケ防止にも繋がりますよ。(笑)


次にあげるとしたら、他の人の曲の歌詞を研究することは心がけています。よく歌詞を見ると「○○さんっぽいなー」と感じることってないですか?その現象ってなぜ起きるかというと、言葉の使いまわしであったりボキャブラリーなんですよね。我々「青りんご」はまだ駆け出しのボカロPですので、そういう礎を築いていくところから始めていかなければなりません。幸いにして青りんごには私に加えてkurikintonもいますので、様々な曲をお届けできると思います。ですから、私hanghuiとkurikitonで青りんごのベースを作っていけたらなと思っていますので、これからもよろしくお願いします。


それでは…と締める前に1つ、告知をします。


我々、青りんごは東京で行われる即売会「M3」への参加が決定いたしました。

即売会、初参加となります。新譜CDを発売する予定です。皆様M3にてお会いしましょう!


【日時】2019年10月27日(日) 11:00-15:30

【場所】東京流通センター(TRC) (東京モノレール 流通センター駅 徒歩1分)

【ブース】第一展示場 G-16x

【M3公式HP】http://www.m3net.jp/


それでは、くれぐれも体調にはお気をつけて。


0コメント

  • 1000 / 1000